2014年04月

スキルなどの派手さはないもののとにかく超名作といっても過言ではないハクスラゲー。

タイタンクエストと拡張版イモータルスローンのレビューということにする。
このゲーム、タイタンクエストはまさに知る人ぞ知るディアブロライクのハクスラゲーであり、たくさんのビルドやグラフィックの綺麗さで様々な人々を魅了してきた。今回はそのレビューだ。

いきなりだがとりあえず、タイタンクエストのシナリオを説明するとこんな感じ。
テルキンとかいう変な魔術師みたいなオッサンがテュポンとかいうやばいやつを復活させようとしてそれを阻止するお話。
拡張版はそれを阻止したあとの話で、ハクスラゲーだからか正直言ってシナリオ面はお粗末。
まぁハクスラゲーにとってシナリオなんてものはおまけみたいなもんであって正直言って多少の旅を彩る程度のもので十分なのだからこれでいいのだ。

このゲームの優れているところとして上げられるのは間違いなく雰囲気だろう。
時代は神話的な時代なのかわからないが万里の長城が出ているところからまさによくわからない時代だろう。
それでも古代ローマ(よくしらない)のような雰囲気があり、とにかく没頭することができる。
出てくる敵も、サテュロスやメデューサ、ケルベロスなどであり、様々な雰囲気にあっている。
まぁ拡張版のイモータルスローンではハデスに乗り込むのだが・・・。

ビルドシステムは非常に簡単なものであり、8+拡張版の1種の合計9種のマスタリーを二つ選ぶことができる。
そしてこの2つのかけあわせが非常におもしろい。
合計36種の大きいビルドを選択肢、そこからさらに自分の使いたいスキルを選択していくことになる。
ただ、スキルを使うためには基本マスタリーを上げる必要があり、比較的強力なスキルは自然とゲーム終盤に遣うこととなる。
ただ、一つアースというマスタリーが本当にどうしようもない。
まさに序盤逃げ切りマスタリーという言葉が正しいと思うほどに一周目の後半ですら非常に使いにくくなり、弱い。
どうしようもないマスタリーが存在してるのは少しどうかと思ってしまった。
序盤使いやすいマスタリーとして拡張版でドリームという非常に強力なマスタリーが出たため、さらに使われなくなり、アース使いの肩身がさらに狭くなる。
制作会社はこのような火を使ったりするスキルに何かあるのだろうか。

オフライン専用ゲームみたいなもので、正直言って多数の人間とプレイすることはできない。
オンライン面は正直言ってないものと考えていい、一応あるらしいがあまり好評ではない。
そのため、みんなにアイテムを自慢するというハクスラゲーの一種の楽しみはない。
ソロプレイでも十分おもしろいのだが、それでもネットを通じて知り合いとプレイしたいものだとは思った。

難易度はそれなりに高い。
ボスの特定の攻撃は避ける必要があり、ボッ立ちで殴りあうなんてことは特定の敵には不可能。
なので若干引き撃ちのような要領で戦う必要が多数あり、慣れてる人には大したことではないけれども初心者には間違いなくつらい点だろう。
act1の途中で出てくるサイクロプスが顕著だろう。
まさに攻撃を避けながら戦う必要があり、まだ最初だし大丈夫だろうと適当にプレイしてたら死んでいたなんてことがあった。
後半に行けば行くほどサイクロプスなんて大したことじゃないことがわかる。
即死なんてザラの攻撃すら普通に行ってくるような敵もいるのだからそのへんで心が折れない人にはオススメできる。

ハクスラ特有のアイテムを掘る楽しさは僕はあまり感じることが出来なかった。
やはりネット環境の問題というのが重要なのかもしれない。
ユニークアイテムやルーンワードのようなアイテムを製作したりと追求すれば追及するほど先が見えないのに、あまりにも目標があいまいすぎるというかなんというか・・・。

総評
100点満点中81点
3週目クリアあたりまでは楽しめると思う。
若干地味ながらもまさに名作。ディアブロクローンとしてはまさにトップクラスに楽しめる存在だろう。
初心者救済要素として、制限があるもののスキルポイントの再振りが可能であり、2つのマスタリーを選択したあとはあまり気にせずにスキルを振ることが出来る。
日本語化modが有志の作成であり、日本語化することができる。ちゃんとした日本語であり、すんなりと言葉を受け入れることができる。
steamのセールで大体4.99ドルくらいで買えるのではないかなーと思うが、それよりも確実に価値はあり、とにかく遊べる。
ハマる人によってはとにかくハマるゲームといった感じであり、僕は一応1キャラだけ3週目終了、ほかのキャラは2週目入ったところとかでやめてしまっている。
スキルエフェクトの派手さがとにかくないし、個人的に理想なDiablo2の骨ネクロのようにデバフをばら撒き骨に戦わせて死体が出来たら爆発させる。などといったこともできないので、あまりハマることができなかった。
mod環境も整っているので、一応mod導入でキャラグラを変えたり別のゲームとして楽しむこともできるのだろうなと思う。
あぁ^~なんだかんだいってそれなりにプレイしたし、タイタンクエストの製作陣の新作のGrimdawnが楽しみなんじゃ^~。
初期D3みたいにコケなければいいなぁ・・・。

PCゲーム ブログランキングへ

いやー最近Diablo3ばっかやっててレビューやろうやろうと思ってもつい時間があったらそっちに向かってしまうくらいやってる。
で、まぁとりあえずこのd3に嵌っているときにディアブロライクゲーで有名なのを一気に終わらせようと思いpoe、トーチラ、タイタンクエストをレビューしようと考えた。
なんでかっていうとあるゲームに熱中してるときこそ他のゲームが冷静に見えるような予感がするからという簡単なものであって、大した理由はない。

このPoEというゲームを簡単に説明するとディアブロライクのハクスラゲーであって、異常なレベルのパッシブツリーのためビルド幅がとても大きいゲームといった感じ。
そのゲームが今現在無料でプレイできるのだから良い時代になったものだと思う。
肝心の出来としてもよくできている。ただ、ディアブロと比べるとグラに問題があり、トーチラ2に比べるとスキルの派手さだとかライト性がたりてなかったり、タイタンクエストと比べると雰囲気やら何やらが若干抜けているような感じがする。

それでも基本無料でこのクオリティはすさまじいものであるし課金の必要が本当にないほど無料でもちゃんとプレイできる。
某オンラインゲームのようにリアルマネーでアイテムを買わないとレベリングが辛くなるなどということもない。

肝心のビルドシステムについてはジェムと呼ばれる一般的なスキルが付与された石をクエストや敵からのドロップで入手し、武器のソケットにはめるて初めてスキルが使用できるといった感じ。
そしてスキルの色によってはめられるソケットの色が決まっているので、案外何も特殊能力がついていない武器が重要だったりもする。
2014-03-29_00004
特定のアイテムで武器のレアリティを上げたり下げたりすることができ、白武器でも有用に使えるというのはハクスラゲーとしてはめずらしいく、非常に良い点であると思う。
ジェム同士でリンクさせることで効果を付与したり、コストを軽減したりとできることがとても多く、このようなビルドシステムはハクスラゲー中毒者にはたまらないものだ。
ただもう一つのビルドシステムのパッシブツリーは種類だけ多いように感じられた。
大体が〇〇(fire resistなど)××(数字)%アップなどといったような感じであって、ある程度やっていかないとおもしろいちゃんとしたパッシブスキルにたどり着くことはできない。
まぁ確かにこのような多数のビルドが試せるゲームでさらに不特定数のパッシブを加えるとなると半ばチート気味の組み合わせなどが出る可能性が多数あるし、しょうがないとは思うがライトユーザーにいたってはPoEがおもしろくなるところすら進めない可能性があるのはどうなのかと思ってしまう。
ただパッシブツリーの全体は全キャラ共通でパッシブスキルの始まるところが違うだけという点において、魔法マローダーや物理ウィッチなどといった変なビルドもちゃんと一応組めるところは非常に高評価。

スキルエフェクトなどはハクスラゲーとしては若干地味な感じ。
Diablo3>PoE>タイタンクエスト
こんなイメージ、派手ならいいという話ではないし地味だからどうこういう話ではないが、もう少しバーッと派手目なスキルは欲しかったかなと思う程度。
まぁそういう派手なのもこれから出てくる可能性があるのもこのゲームの魅力だろう。

クラスは初期6+act3の最後あたりで+1される。
2014-03-21_00001
で、若干気になっているのがこの追加クラスのscion。
このキャラはシナリオ上とらわれているところを助けて使用キャラになるという感じなのだが、パッシブスキルの始まる点から見て初心者用というかあんまりこういうハクスラゲーに慣れてない人が使いやすそうなキャラだと思ってしまった。
一周クリアして使えるようになるのだからもうちょっとトリッキーにするとかしたほうが自分的には好みだなぁと。
まぁ今後のアップデートでscionも初期から使えるようになるかもしれないのでこれからに期待だ。

オン環境必須ゲーでラグはたまに感じる程度。とはいってもラグは存在するのでやはりHCモードはドMしかやらないだろう。
ラグが多発するのは回線そのものの影響か無線Lanを使っている場合はその影響ということもありうる、案外子機を換えてみたらサクサク動くようになったというのは良く聞く。

ハクスラゲー特有の理不尽な死も多数存在し、正直言ってソロの難易度は高い。
2014-03-29_00001
ただ、このゲームはパーティーへの参加や離脱が非常に簡単に出来る。
パーティープレイで不特定多数の人間とやっていたほうが楽だし正直言ってボスも全然難易度が変わる。
そのため若干ボスで詰まったと感じたり、敵が非常に強く感じたのならパーティーに参加してプレイするがいいだろう。
もちろんマップに乗っている推奨レベルよりもあげた状態でだが。
とはいってもソロでクリアできないほど難しいというわけではなく、しっかりとビルドを組めばちゃんとラスボスもソロで倒せる。
この辺の調整は非常に良調整だろう、一週目でありながらもそれなりの難易度を維持してプレイする意欲を沸き立たたせる。

初心者オススメキャラとしてはレンジャーやマローダー、シャドウといったところだと思う。
dia2からの名残なのかゾンビ召還ウィッチを最初に選びボスで地獄を見たので、召還系はあるていど育てば十分強いが、ソロだとボスが地獄なのであまりオススメはしない。

アイテムを掘る楽しさはそれなりといったところ。
というか特定のスキルジェムを入手するのが非常に大変であって、全然出てこない。
特定のキャラならばクエストクリア報酬で入手することができるアイテムなのだが、そこまでやる気になれない。
もう少しスキルジェムの入手を楽にしてほしいと思ったが、一応poeはユーザー間のトレードがよく行われているイメージもあるので、ユーザー間で交換するのもいいだろう。

総評
100点満点中77点
無料のゲームとして考えると+10点くらいしたいのだが、無料のゲームということを考えないとあくまでそれなりのハクスラゲーといった感じだろう。
しかしビルドシステムは非常におもしろいし、様々な戦い方ができるのは良い点だ。
無料という点においてハクスラゲー入門ゲーとしては敷居は高いが、それでも初めてのプレイに十分オススメすることができる。
敵の攻撃をよけたり引き打ちをしたりということはどのハクスラゲーでも重要な点であり、その基本を忠実にこのゲームは学べることが出来る。
ただ二週目があまりにも変化がなさすぎる。
三週目になってようやくおもしろくなるが、そのあたりまでプレイしているのは大体poeの魅力に取り付かれた人間なので、ライトユーザーにもちゃんと三週目までプレイしてもらいたいところ。
本当によく出来たゲームで無料なのでとりあえず一週クリアしてほしい。
合う合わないはそこからであって、とりあえずやるべきゲームとしてあげることが出来る。無料だしね(強調)

PCゲーム ブログランキングへ

Diabloというゲームをご存知だろうか、pcゲーマーならば大抵が知っていると思われる超メジャータイトルだ。
わからない人のために説明するとハクスラの原点の一種として考えられるようなすさまじい作品であった。
そしてDiablo2が発売。
この作品はおそらく全世界中の中で最もプレイされたゲームといっても間違えてはいないほどにプレイされている。
暗鬱とした世界観と作りこまれたゲーム性、非常にシビアな敵たちとの攻防と・・・実際僕自身も気が狂うほどにプレイしたし、HCモード(死んだらキャラロストのモード)で馬場を葬ってきた数は日本の中でも上位に入るほどであると思われるほどにのめりこんだ。
そして2012年にDiablo3が発売するということでマックのCMのスポンジボブのガキのようにはしゃぎ楽しみにしていた。


・・・が、はっきり言おう。
Diablo3はクソゲーだった。
スキル振りがなかったりステ振りが存在しなかったりと様々なひどい点があるのだが、その中でも最大の要因を占めるのは間違いなくオークションハウスだ。
このオークションハウスというシステムはアイテムをプレイヤー間で売り買いできるシステムなのだが、これに装備が流れる流れる。
というか価値の高いアイテムが全然でない。アイテムは金で買うものであり、掘るものではないという感覚に落ちいってしまう。
それで僕自身もいやになりずっとDiablo3を離れていたのだが、RoSという拡張版でオークションハウス廃止やらなんやらといろいろと調整がされていたらしいので買ってプレイしてみた。

単刀直入に言うと面白い。発売日にブリで買ってから延々プレイし続けるレベルには確実におもしろい。
いやぁ本当になんでDiablo3は最初からこうできなかったのかと思うほどにハクスラゲーとして良作になったと思う。
不満点としてはアドベンチャーモードの箱から出るアイテムが難易度と大して変わらないとか言うことを聞いたことがあるのでそのあたりかなーと。
まぁ実際役にたってない某ダンジョンみたいなのもあるわけで、これからのアップデートに期待したいなというところ。

新クラスのクルセイダーについてはまぁそれなりってところだろう。
パーティープレイでは活躍できるとは思うが正直ソロの効率は最下位争うレベルだと思う。
というか久しぶりにやってFOwizでプレイしてみたら信じられないほど敵が死ぬ死ぬ。
これこそDiablo2を思い出すようなゴリ押し術がすばらしいと思った。
初心者には声を大にしてWizをオススメしたい。

ラグの問題は結構深刻で、PoEをやっていて本当にまれにしかラグがこない僕の環境でも結構な割合でラグる。
そのため日本からではHCモードは本当に苦行なんじゃないかなーと思うレベルでひどそうである。
オフラインモード導入してほしいと心から思う。
さすがに敵に殺されるのはまだいいのだが、ラグに殺されるのは許せないのだ。

こんなに書いてもまだ全キャラレベル70ではないようなnoobなので大してレビューとして役に立たないかもしれないが。
Diablo3を買って放置した人はRoSを買って復帰するのは選択肢としてあり。
新しくD3とRoSを買うのもありだとは思うが急いでないのならばもうちょっと待つのもあり。
ただ、今現在のまだ全然ビルドなどが煮詰まっていない手探りの状態を楽しめるのはそのときやってる人だけで、このときが一番オンラインゲームは楽しい。
そう考えるとフレンドとプレイするならば今買うべきなのは間違いないとは思う。

総評

100点満点中86点
まぁ優秀なハクスラだし、とにかくおもしろい。
グラもいいしエフェクトや物を壊せたり敵をふっとばせたりと細かいところがちゃんとできているのは良い点だと思った。
ただ・・・この作品がDiablo2という怪物の続編として正しいと思うかといわれると懐古厨の僕としてはNOと言いたい。
もちろんゲームとしてはとにかくよくできてるし爽快感も十分にあるのだが、懐古補正もあるだろうがやはりDiablo2には何か足りないような作品だなと感じた。
いやでもおもしろいしいまコレしかやってないってレベルなのだから十分ハマってるしアレなのだが・・・・。

↑このページのトップヘ