2014年10月

日本時間10月31日午前3時から11月3日午前10時までSteamでハロウィンセールが始まった

ぶっちゃけ買うものない

ここである程度オススメのゲームを紹介しようと思う

DmC Devil May Cry

カプコン発の超有名タイトルだがDmCは海外スタジオ制作であり、名倉と言われる物
3は味がなくなるまで遊んでデビルメイクライ4では何か違うと感じてあまり遊ばなかった僕としてはよくできてると思う
日本円換算で1600円として考えると相当良い出来のゲームであることは確かなのでオススメ

Bioshock シリーズ

だいたい1200円で全3作を入手できるというのは非常に財布に優しい
Bioshock自体は説明することはないが、どれもとても面白くボリュームもそれなりにある
3つ買う気がない人はInfiniteだけ買うのでも良いと思う、Infiniteは日本語吹き替えが入っており、快適にプレイすることができる。

Sword of the Stars : the pit

ローグライク系のゲームでオススメできる
メタスコアはあまり高くはないが、ユーザースコアはそれなりに高い
値段を考えれば全部入りのGoldeditionを買ったところで300円程度なのでコスパが高い
ただ、ガンガン死にます

The walking dead シリーズ

ゲームといっては別かもしれないが、ドラマのような感じで進められる
基本戦闘などはQTEのような感じでプレイが行われ、FPS視点で~みたいなことはない
ただ、英語が読めるか聞けないと正直言って楽しみは0
無印始めた頃にクレメンタインを見てなんだこのかわいくないメスガキ(驚愕)となるかもしれないが非常に保護欲に駆られることとなり・・・
2ではクレメンタインが主人公となり生き抜く

値引き率とかを考えてオススメできるのはこのあたりかと思う
ぶっちゃけ渋いし値付けミスもないのでホリデーセールに予算は先送りするのが利口

最近steamでとある理由から購入することができなくなったゲームがある
その名はParanautical Activity
どうやら開発者がアーリーアクセスを外されない事に苛立ちsteamの神ゲイブにケンカを売ってしまったというもので
本当になんとも言えない事の顛末を迎えている

まぁこういう事で一部ではある程度の知名度を入手することをできたのかもしれないが
ゲーム自体はなかなか面白く、正直言って非常にもったいない出来

げいぶ に けんかを うる
  がまん する

それをすてるなんてとんでもない


で、まぁ喧嘩売って今はスチームじゃ買えないようなんだけれどもいつかのBundle?に入っていて僕は登録してました(身に覚えがない)
今回はそのレビュー
2014-10-27_00001
タイプとしてはFPS+ローグライクのような感じで淡々と階層を潜り踏破しクリアを目指すというわかりやすいもの
2014-10-27_00002
まぁそのようなゲームなら多数あるのだろうが(見たことないけど)このゲームの何が良いってとにかく速いというところ
非常にスピーディーで相手もかなりガンガン弾幕を吐いてくる
そう考えるとFPS熟練者向けのゲームだということがわかるだろう
2014-10-27_00004
ローグライク系ゲームの例にもれず
敵を殺す→金やアイテムを稼ぐ→アイテム買ったりどうこうしてなんとかして最終階層を目指す
この流れが一通りになるのだが暗い背景が敵の保護色としてアシストをしており、瞬間的に敵を見つけにくかったりということもある
そのような点から見てもやはり高難易度のゲームと言えよう

アイテム自体買うスペースはあり、そこでは攻撃を受けることはない。
ただ、序盤はまず1階層すべての敵を倒したところで金がたりずに武器やアイテムを買う事は出来ないだろう
それは多分進めれば買えるようになるのではないだろうか
2014-10-27_00005
1階層に2体ボスがおり、階層ボスと倒さなくてもいいボスが存在する
当然倒さなくても良いボスを殺したほうがアイテムを入手できるという良点があるがその分出てくるボスはわからず、装備によっては若干詰みぎみのボスになる事もあるのでリスキーと言えよう

テンポがそれなりに良いので、1階層5分ないくらいで回れて最高8階層。だいたい1時間あれば死なないという条件つきで一周クリアできるだろう

ただし難易度自体は何度も言うようだが上級者向けというかFPS初心者向けではない
正直言ってめちゃくちゃ難しい、がなかなかにおもしろい

これでcoop追加だとか武器セットの追加などがされてだんだんと良い具合に行けば非常に良ゲーになって正攻法でそれなりに有名タイトルになれたというのに、一時の感情の高ぶりで機会を逃してしまうなんてことは非常に残念だ

今と現状のこのゲームとしての評価はそれなりの普通から良ゲーレベルであって、間違いなく良ゲーではない
ゲーム製作者としてもsteamでいろいろあったのだろうけどももうちょっと頑張ってほしいなとは思った

総評
100点満点中69点
FPSの低難易度化が進む現在に時代を逆流してスピーディーで難しいこのゲームを出したのはとてもチャレンジ的だし、ゲーム性も一種の中毒性を生む可能性だって秘めていた。が、やはり現状では言っては悪いが未完成っぽいイメージが存在する
単純に難しいといっても相手の行動パターンや場所のパターン、装備のクセなどを理解することで徐々にだけども階層を進めていける感覚もあり、それなりの佳作のような作品になれた存在ではあるがやはり現状のsteamで買えない状態を見るに売り逃げの可能性も見てとれる

なんていうかGreenlightは良い点があれば悪い点もあり、ぶっちゃけ購入者がGreenlightを買い、その数日後に適当に作った本編を完成品としてあげればそれで終わりなのだ
Valve側はある一定周期のアップデートがなかったら何らかのペナルティーなどを科してほしいとは思う
何もterrariaのように超長期的に無料でアップデートしろとは言っていないので最低でも製品版としてふさわしいレベルのゲームにしてほしいなと感じる

steamで販売を中止しただけでライブラリには残っているしカードも存在したままだ。
少し前まではカードが高額取引されていた模様だけれどもすでに大した値段にはならなくなっている
なので転売どうこう考えている人は博打ではあるが今買うのもアリかな?

前回の記事で終了するつもりだったが
アリーナイベントがあまりにもお粗末すぎる!!!!
イメージ368a
報酬自体は良い、絵とかは別と考えて性能自体SRのスペックじゃかなり上だし、現米連のこまっているところ(攻撃力アップ)を助けてくれる非常に良いカードだとは思う
イメージ369a
ん?
イメージ370a
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

もうねアホかと

これは完全に微課金、無課金切り捨てにきてますわ

まぁ要するに得点としてSR以上確定チケットを入手するには
最低限BPは530程度必要
今までのアリーナイベントではアリーナポイント2倍デーを活用することで250程度でガチャチケットは取れた、それもほとんど確定だ

しかし今回のアリーナイベントは違う

この最低限という文字は
最低限ランク1であってランク1から降格することもなくランク1の相手をぶち殺し続けられるというレベルだ
もちろんランク1以外に人権などないし、昇格戦も普通に入るので必要BPはさらに上がるし
これはあくまでBP1で延々と対戦相手を処理できるという前提条件がついているので
・・・まぁ相当なデッキじゃないかぎりはSR確定チケット入手するのに1000個以上赤薬使う事になるんじゃない?(適当)

イベント参加してないから知らないけれども
対戦相手が見つからないなんてこともあるようでこれはさすがに擁護できないレベルだ

これが決戦アリーナに呼ばれた敏腕さんの力というやつですかー・・・なるほどなるほど

未だ複垢やらマクロ対策もしていないし、これからおそらくさらに無課金、微課金が駆逐されて
廃課金vs複垢、マクラーの対戦が見られるでしょう
これが決戦アリーナの真の姿だったんや!!

朝凪の巨乳対魔忍さっさと出してほしいです、それとって僕はこのゲームクリアします

前回と前々回の補足と新要素について

前々回にマラソンイベント廃止云々と書いていたがあれは嘘だ
マラソンイベントは復活し、若紫争奪戦という凄惨な戦いが起こってしまった

この記事を読んでいるであろう初心者には言っておくが
マラソンイベントで始めたばかりの人が勝利できる可能性は0
課金しようにもおそらく新型のゲームPCを丸丸一つ作れるくらいの課金をすることが必要になるだろう

理由としては数点
一点目は緑薬(体力回復薬)の価値の低さが最大たる理由だ
赤薬と比べて緑薬は手にはいりやすい割に体力の1/2を回復することができる。
課金して全体力回復する緑薬を入手したところで1000円課金したとしたところで緑薬は半薬換算で22個分
それに対して赤薬は66個分おおよそ3倍の差がある

二点目は体力は各々違うという点
序盤の100いっていない体力では半薬回復したところで大して回復量がないが
このゲームを序盤からやっている人の中には体力が200越えている人も山のようにいる
その人たちと争う事を考えると緑薬はさらに必要な量を増すのが確定的

三点目はとあるイベントでそれなりに緑薬を稼いでいたりする人間がいるということ
例としてあげるとすれば実名を挙げるのは晒し上げみたいで嫌だがアカギ大佐が有名だろう
後述書くつもりだが彼は尻イベントにおいてすばらしい考えられた強いデッキを作り傭兵募集時に様々なところに顔を見せて無双した
その結果信じられない数のアイテムを副産物として入手したというものだ
とはいっても全員が全員そういうわけではない…が!
このゲームは未だに複垢やマクロが対策されておらず、ごく一部の悪質プレイヤーがBANされないのを良い事にやりたい放題し、すぐに薬を多数稼いでしまうという事態がある。
まぁそういう連中と課金して争うものではないかなーと

最低限マラソンイベントをやるのならば
もちろん商品にもよるが
・最低体力は125~150あたり
・200階まで走れる分の薬を保持している

といったところが重要か

今回は若紫という対魔最強クラスの防御カードであったため、多数のプレイヤーが入手に走ったが、前回の魅龍はものすごい階層としてみると低い
強力なカードを入手しようとするにはかなり多めに薬の数を計算していたほうがよさそうには思える


新追加要素
アリーナについて

アリーナリメイクするという情報が出て、なかなかどうなるのか不安でしょうがなかったがやはりやらかしている

なにがやばいってレベルで周りの相手を算出しているという点
これのおかげでレベルの低い初心者は比較的上のランクに上りやすくレベルの高くカードクズ引きのプレイヤーは上に上りにくい
そしてあのアカギ大佐ですらランク1になったと思ったら降格していたというところも相当やばい
そしてレベルがあまり高くないプレイヤーはアカギ大佐よりも長くランクに居座れたり

それとアリーナ開幕すると同時に走った連中が勝利すぎるっていうのもやばい
ランク1が満員の100人でうまるまでは昇格戦がおこることなくどんなデッキでもBP2を使い続けてランク1まで走ることが出来た
しかし現在ランク1はおろかランク2も埋まっており、かなりの完成度のデッキができていないかぎりはこのランクに上がることはまずできないため昇格報酬をもらう事はおそらくできない

うーんこの・・・
もうさアリーナ封鎖して対魔忍アサギ~決戦~で終わりでいいんじゃない?(適当)

有名プレイヤーについて

うまみ
対魔忍アサギのレジェンド
嫁は桃子
現在は引退しているものの序盤のイベントによる無双とアリーナイベントで唯一の3000ポイント達成者
いわゆる史上最強の対魔忍

ゲス
うまみ神に唯一対抗した漢
魔紫のイベントの際にイベントが開始して数時間の間1位に居座り、うまみにくらいついていった
が結果は無常。うまみに勝てるはずもなく2位3位とゴロゴロと落ちて言った模様
そして嫁にカードを使っているのがバレ、現在ではチマチマと課金をしながら頑張っているらしい
当ブログはゲス君推しです

アカギ大佐
うまみ無きイベントの覇者として尻イベントを制した猛者
傭兵稼業によってダントツ一位のポイントを叩きだし、すさまじい数の薬とレアメダルを副産物として入手した
イベントが起こるごとに毎回上位成績を残している現対魔忍の鏡
ある一定の周期でマクロ疑惑が流れるためマクロ大佐などと呼ばれることもあるが根拠のない誹謗中傷なのでやめよう

SG
ニコニコ動画にイベントごとの動画を上げてくれるやさしいおじちゃん
毎回上位成績を残しているが今回の若紫イベントにてようやく1位になることに成功



キチガイ三銃士
公式コミュを見ればわかると思うがあきらかにヤバいやつらが3人いるそいつらだ



僕みたいな無課金のクズ引き運プレイヤーにとってはアリーナが実装されたところで何も変わっていない
いつもと一緒で薬を貯めるだけのゲームは実に楽しい(棒読み)

こんなに書いときながらわりと冗談抜きに何もないゲームなのであきたらさっさと辞めるのがオススメです
本当につまんないし全然強いカードでなくてミシェアばっかでるしでもうさすがに心が折れる
飽きたらやめるというのはとても重要
だんだんとユキカゼ2の情報も出るみたいですしさっさとこんなゲーム見捨てるのが正解なのかもしれませんね

おう対魔忍でも恋がしたいみたいなアホなゲーム出すんだよあくしろよ

前回記事の補足

初心者が入手して嬉しい有用カードについて


Tier God
【裏切りの対魔忍】朧

【鋼鉄の死神】甲河 アスカ

Tier 1
【最強の対魔忍】井河 アサギ
八津 愛子
【おてんば対魔忍】井河 さくら
沙耶NEO

Tier 2
その他【空装武神】秋山 凜子以外のUR
【斬鬼の対魔忍】秋山 凜子
A-66・ルーナ
 
Tier 3
その他ミシェア・シルキース以外のSR
【空装武神】秋山 凜子
喜瀬 蛍
百田 里奈子
東雲 音亜
蜘蛛姫アネモネ
エンシェイ
リリム
ハンナ
狭霧 結
日向 綾香
雪乃白女命
クルミ・S・坂崎
影宮 羽虎
葛 黒百合

Tier 4
キシリア・オズワルド
アイナ・ウィンチェスター
峰麻 碧
カタリーナ
クレシア・オルテンシア
クリスティア・ローベル
アルカ・スティエル
エマ・ハーバー

Tier 5
その他

Tier 6
ミシェア・シルキース

Tier Godについては混色だろうと単色だろうと非常に強力な能力持ちである程度デッキが育ってきて別勢力だったとしても非常に有用なカード
【裏切りの対魔忍】朧は超強力な攻撃力を持っているし単体で2250攻撃力を勢力関係なく上昇させられるスキルはオーバースペックと言っても過言ではない。持っていれば米連だろうと退魔忍だろうと使いやすい攻撃カードだろう。
対して【鋼鉄の死神】甲河 アスカは汎用性の高い防御最強カード。このカードが一枚あるだけで最終デッキの必要カードが一枚減ると思ってくれて良いレベルであり、単体でも非常に高い防御能力を有しているためよっぽどカードが揃って余ってくる状況でない限りは使い続けられる。
カードの揃っていない序盤において固定値アップというのは非常に有用であり、素のステータスも高い2体は序盤には非常に役に立つだろう

Tier 1に関してはTire Godには汎用性に負けるものの最終的なスタメンに入ったり強力な性能を誇るカード。しかし性能を活かすにはもともとからある程度の所持カードが必要。
【最強の対魔忍】井河 アサギはヘルプだとうれしいカード最有力。スキルとステータス上最強の退魔忍(笑)と馬鹿にされることが多いが、全勢力攻撃力25%アップでさらにステータスも高水準というのはレイドイベントでは様々な特攻カードを使う事が多いこのゲームにおいて非常に便利。
八津 愛子と【おてんば対魔忍】井河 さくらは特に言うまでもないが退魔忍最強カード2枚。
沙耶NEOは性能的にはTier Godなのだが、沙耶NEOがぶっこわれで強いのは重ねた状態の特にスキルマであるため、現実的に手に入る1枚ではこのレベル。

Tier 2のほかのURは単体ではあまり性能が良くなく、デッキが揃ったら強いといったレベル。とはいっても他のカードと比べても確かに強いカードであることは間違いないのだが・・・
【斬鬼の対魔忍】秋山 凜子やA-66・ルーナは単体で数値アップさせられる能力を持っているため非常にオススメできる。

Tier3あたりになるとまぁ強いよ!ってレベル
対魔族だとか対米連だとか対退魔だとかの敵依存割合ダウン能力は少し前まではレイドイベントがなかったから対魔族能力を持っている奴以外は使えなかったが、現在ではレイドイベントによってさまざまな種類のレイドボスを狩る必要が出てきているためとりあえず持っておいてダブったらスキルレベルを上げておくのが良いだろう。

Tier4も大体同じ感じでとりあえずダブったら重ねて持っておくのが良いレベル。

Tier5はキャラや性能にもよるが場合によっては見た瞬間からメダルにして良いレベル。エロシーン解放するのも忘れるなよ!

ミシェアと対にSRのハズレ呼ばわりされているレベッカ・シルキー
確かに同レアリティのルーナと比べるとえらい弱く見えるかもしれないがそれは当然で、米連は攻撃能力が微妙なかわりに防御能力が優秀であるのに対して、対魔忍は攻撃能力は高いが防御能力がアレっていうだけだ。
スキルマ峰麻 碧とスキルレベル1のレベッカを比べてみると確かに峰麻 碧のほうがスキルが発動したならば高い数値を発揮するが、レベッカはステータスに関して言えば相当な優等生であって峰麻 碧の二倍。
リーダー以外はスキルは確定で発動するものではないということを考えると相当使いやすいSRなのではないだろうか(対魔忍なら)
まぁイベント配布の同レアリティである篠原 まりと比べるとクソもいいところな性能だが・・・


無課金のレイドイベント攻略にむけてのTips

無課金者にとってつらいイベントの一つであるレイドイベント。
正直言うと2000位以上を無視してSR確定チケットがもらえる50万から少し上げてプレチケを数枚貰って終わりが薬や精神衛生上は優しい。
だけどもどうしても欲しい報酬が出た時のためにやっておくべきことは数種類ある
僕は現在の『吸血女帝の襲撃!~廃棄都市アミダハラの死闘2~』においては現在無課金でありながらも200位以内には入れているし赤薬(BP+1)だって現状でまだ200ほどストックが残っている状態だ。
どのようにこのようなイベントを攻略するか少し考えよう

あしたのために その1

いきなり赤薬をジャブジャブ使うのはNG

よく馴れていない人ならこのイベントは薬の数が多ければ多いほど上位に行けると思っているだろうが、それは課金者の話で僕ら無課金者はむやみやたらと赤薬を使うことをしてはいけない。
赤薬は有限の弾であってどこからか湧いてくる不思議物体ではない。戦場(レイドイベント)においては命よりも大事なものであり、場合によってはあきらめて次のイベントに掛ける事も重要。戦略的撤退です

あしたのために その2

初日にフィーバータイム(FT)に入ったら何が何でも走れ

運営様のさじ加減なのだが、限定SRカードのドロップ率及び報告は初日が目に見えて多く感じる。運営様の自作自演かもしれないが、ない可能性よりかはある可能性にかけるべき。
場合によっては即50万を目指すことでHRorSR確定チケットを入手し戦力強化をすることも可能。
そうした場合戦力強化は序盤であればあるほど後半に続くにつれて意味を成してくる

あしたのために その3

特攻を引け

HR確定ガチャだとかSR確定ガチャはできるだけ温存しておくべきであるということ
特に今回のイベントではエーデリカ・スローデンといういままでのHRとはステータスが相当違うカードが存在しているため、HR確定ガチャを引くことでこのエーデリカを入手する可能性を増加させることができた。
これは当然エーデリカの性能が高かったため狙う意味があっただけなので、タートナならともかく弓走 颯レベルならば使わないで温存しておくことも考えられる。
特攻URを引けたならばおめでとう、おそらくそのイベントはよっぽど赤薬がないかプレイできる時間が少ない場合以外は2000位以内確定させることができるだろう。

あしたのために その4

攻撃デッキと防御デッキをしっかりと考えよ

特攻を引いたところで特攻キャラをリーダーにしてるのならばそれは間違い
リーダーはその属性の%アップキャラ、もしくは相手レイドボスに対応して相手レイドボスの攻撃力%低下だとかにするべき
それと相手の攻撃力の数値を見極めることも重要
例えばSRボスの攻撃力は31340が最高であるため、全スキルが発動しない状態であったとしても31340以上ないと絶望の即死パターンが存在する。二回目の攻撃を受け切るには62680の体力が必要

対して攻撃力の目安は雑魚A(オーガ奴隷)を弱攻撃で即死させられること。できれば9割で確定1撃死させたいレベルの攻撃力が重要であると思う。
とはいってもリーダーをチマチマ変更して黒百合だとかを使うのが比較的楽に処理することができると感じる
ただまぁ面倒臭いし、これは元からある程度の火力がある人が使う手段でもあると思うのでその辺は個人で面倒臭がらずに計算しながらどんなものか算出していこう

あしたのために その5

周りの人を利用しろ

おいしくないボスは他人に救援要請を行う事で狩ってもらうと比較的楽
それは他人も考えていることなのでうまくいかない場合が多数だが、体力がなくBPがありこれから用事があるという人はBPは使わないよりも使う方が得と考えるので狩られる場合もある
もちろんおいしいSRレイドボスや高レベル雑魚Aなどは自分で狩る事
あとは狩られないまま自分のまずいレイドボスが放置され消滅してしまうというのは避けたいことで、レイドイベントに関してはレイドボスが逃亡するとレベルが1下がってしまう
そのため序盤はまずいレイドボスでも自分で狩り育てる事も重要
実りを待つ農家の気分で

あしたのために その6


緑薬は躊躇せずにつかえ、赤薬は躊躇しまくって使え

ある程度やっているとわかると思うが通常クエストで2-5を回っていると緑薬を使用しながら走ったとしても緑薬はまず減らない
そのためBPを0にするために緑薬を使いながら通常クエストを走って薬を貯めよう
レイドイベントでもその考えは変わらず体力がなくなりBPを余らせるなら、他人のレイドボスを狩らずに緑薬を使って走って自分のレイドボスを狩るなり育てよう
BPは出来る事ならば常に0の状態が好ましい

あしたのために その7

孤独との戦い

レイドイベントというのはいままで貯めてきた赤薬の数が間違いなく物を言うイベントで、自分の薬の数で2000位圏内はいれるのか、どれくらい残るのか、もしかしたら課金しなくちゃいけない状態になるんじゃないか、などの様々な不安に押しつぶされる。
走り続けて100ほど薬を使ってしまったなら取り返しのつかない状況だと思ってしまうだろうし、課金を考える事もあるかもしれないがあまり気にしないのが一番。
結局引き際だとかは全て自己判断でやるわけでレースについていけそうにないならば戦略的撤退もアリ
余裕を持って最終日を迎えたいという人は前回のレイドボスイベントの2000位+50万点のように最終日までに稼ぐことを考えておくのが精神衛生上好ましい
課金煽りみたいになっているが2001位で終了した日には寝れないかもしれない

結論
無理をしないのが一番!
まぁ結局無課金ならばドリフターズの信長じゃないけど期間までにどれだけ準備できたかがこのレイドイベントの勝ち負けを決める一点でしょう
HR確定などで特攻が数枚引けなかったとしても最低でも赤300~500あれば安心なんじゃないですかね?
もちろんどれくらいの強さのデッキを組めているかにもよりますけれども

↑このページのトップヘ